ALNQLNについて

ALNQLN (ありんくりん) は、ハンドメイドの犬服やパッチワーク小物などを並べたショップです。


オーダーは今現在受け付けておりません。

理由の一つとして、作り慣れてるはずの我が家のおこめ&そぼろ用でも

今でも型紙の修正を失敗することがあるし、オーダーだと余計に緊張して上手く作れないと思うので。

それともう一つ理由があって、

私、気まぐれなので、作りたい気分の時でないとミシンに向かわないんです(^^;

目の前に布山があってもミシンがあっても、作りたい気分じゃない時は

一切触らないでスルーしちゃったりして。。。

なので、オーダーをお受けしたのに気分が乗らないと

かなり(1ヶ月とか2ヶ月とか…)お待たせすると思いますし、

お待たせしたのに、更に一つ目の理由で修正失敗しちゃった…ってことにも成りかねない気がして(> <)

もっと自信を持って作れるようになったら、オーダーについても考えたいと思います。

申し訳ございませんm(_ _;)m


完成品だけの販売になりますが、同じ作品でもどこか色を変えたりデザインを変えたり…

全く同じものがショップに並ぶことはありません。

つだけのオリジナル」をお届けできたら嬉しいです。



■作品にヴィンテージ・フィードサックを使うことがあります。


◆フィードサックとは◆
1930年~1950年頃のアメリカで、飼料や穀物を入れるために使われていた布袋です。

発売当初は無地の袋だったのを、販売促進のために綺麗なプリントを施した布袋を販売したところ、
それが主婦の間で爆発的な人気となったそうです。
不景気で生活が苦しかったために、中身を使い終わったフィードサックをほどいて

家族の洋服やカーテンなどのインテリア小物を作るため、

主婦達は好みのフィードサックの柄を選んで飼料や穀物を買うようになったそうです。

フィードサックにカラフルな色合いが多いのは、暗い気持ちになっていた時代を明るくするためだとか。


そんな時代背景を思い浮かべながら、

フィードサックのダサ可愛な柄(ただ可愛いだけの柄もありますよ^^)を楽しんで頂けたら嬉しいです。
ちなみに、当時は5000万柄以上のフィードサックが出回っていたそうですよ。


※フィードサックにキズや退色など小さなダメージが含まれる場合がございます。
長い年月を経た生地をご理解下さり、風合いを楽しんで頂けましたら幸いです。


ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません

お問い合わせフォーム

ALNQLN モデル犬

おこめ
2010年6月21日生まれ
カニンヘンダックス ♀

体重 2.34kg (標準)
首周り 18cm
胴周り 29cm
背丈 28.5cm
(首輪の位置から しっぽの付け根)
( 2016.10.20現在のサイズ)


そぼろ
2011年4月12日生まれ
チワックス ♀

体重 5.6kg (ポッチャリ)
首周り 25cm
胴周り 42cm
背丈 35cm
(首輪の位置から しっぽの付け根)
( 2016.10.20現在のサイズ)

リンク



素材屋さん
chai*
fine
・ M-SPIRAL(閉鎖されました)


FXの仕組み